先輩VOICE

  • voice-01
  • voice-02
  • voice-03
  • voice-04

すべてはお客さまの幸せな思い出のために。


盛岡グランドホテル 婚礼営業課マネージャー/緑川貴洋/2000年入社

お客さまの心がほぐれるように笑顔の対話ができれば。

営業はホテルの数ある仕事の中で唯一外に出ていく仕事です。多様化する結婚式場の台頭の中で、「ホテルウエディング」の良さ、盛岡グランドホテルでの結婚式の魅力を伝えることが私の仕事です。長い歴史があり時代によって様々変化したものがありますが、その一方で守りつづけてきたものもあります。それはお客様が何を望んでいらしゃるのかをしっかりと伺い、満足を形にしていくことです。だからこそ、より思い出深く、満足度の高い結婚式ができるんです。ホテルを使い慣れない若い方でも緊張せずに来館していただけるように、目線を合わせた話題を選んだり、お客さまの心がほぐれるような笑顔の対話を心がけています。落ち着いた年齢のカップルには安心感や信頼して任せていただけるように、お客様にとって相談しやすい存在であるよう努めています。


「いつかいいことがあるさ」のプラス思考で成長できる。

営業に配属になって9年。最初は営業に行くところがないので、友達作りから始めて少しずつ人脈を増やしていくことにしました。仕事終わりに飲みに行ったり、何かスポーツをやると聞けば積極的に参加したりしながら、行ける場所を増やしていきました。いろいろな人にお会いして、深いお付き合いになって、その方が結婚するときに自分に任せてもらえたときが一番嬉しい瞬間です。知人や友達が「結婚するよ」と、いろいろなところから紹介をいただくようになりました。それは信頼された証拠なんです。いっぱい怒られて、いっぱい教えていただきながら、ちょっとずつ成長していくんですね。自分を応援してくれる人が少しずつ増えてきた時に、成績もちょっとずつ比例してきます。「今日は何もなかったな。でも明日も頑張ろう。いつかいいことあるさ」といつもプラスに考えながら日々全力でやりたいと思っています。この営業という仕事でまた一歩上へ行くことが目標です。


人生の節目に携わることに、単なる仕事以上の喜びがある。

20歳で初めて訪れた方も「60歳になった時もまた行ってみよう」と思える、盛岡グランドホテルはそんな人生の中の思い出の場所としてずっと残っていくはずです。毎日様々なことが行われているホテルなので、たくさんの人の人生の節目に携われることに、仕事以上の幸せを感じています。学生時代に学んだことが仕事に直結していなくても、知識を身につける努力をしたことは必ず力になっています。そして今となりにいる友達と深い絆をもって過ごした時間は、その後の人生でかけがえのない大切な存在となるでしょうから、大事にしてほしいですね。